MacでドラストFXという商材(29800円)を勢いで買ったら大変なことになった

info

商材を買うに至った理由

「楽して稼ぐ」は心理的にとても抵抗がある。

しかし、勝ち組の猿まねで稼げるのは確かにFXのひとつの特徴と言えるだろう。そうやって負けないトレードを繰り返しながら学習することで、将来的に自分の絶対的な勝ちトレードが確立できると思うからだ。

私は実際パチスロで生計を立てていたときに、まさにそうやって利益と知識を高めていった。

情報が氾濫する中、寄り道せずシンプルに「FXの勝ち方」に向き合いたい。FXをする最大の目的は、余計な知識をつけていくことではなく勝つためだから。そう考えた時に、ある程度初心者としての知識をさらった上で、更に成長スピードをあげるために、商材の購入を決意した。

 

 

購入した商材

そして購入したのがドラゴン・ストラテジーFXというもの。

商材と聞くと怪しいと実際私も数年前まで思ってましたが、本当に中身のないものって今は少なくて、商材系の最大手インフォトップのランキングでも上位に常にいるのがこのFX商材でした。

レビューが複数ブログで高い3つのFX商材で迷ったのですが、まずは独自のインジゲーターが使えるこの商材は使ってみる価値があるだろうと判断しました。29800円、決して安くない買い物です。PS4を我慢してこの商材を買ったわけですから(笑)

ドラストFXの最大の特徴が、「買う(売る)タイミングを一目でインジゲーターが示してくれる」というところ。何もわからないFX初心者でも猿まねできるレベルに落とし込んであります。

無論、ただそれに従うのではなく、なぜこのインジゲーターがこのタイミングでこのサインを出すか、といった部分について、絶対的に勉強していく必要はあるでしょう。ただ楽したい、というのでは結局遠回りですからね。

とにかくドラストFXを大きなトレード根拠のひとつとして、今後扱ってみたいと思います。

 

 

ドラストFXのデメリット

メリットは上記の通り、独自のインジゲーターで一目で売買ポイントがわかるということ。

ではデメリットですが

・海外のFX会社に登録する必要がある

・それなりの価格がする

・Windowsでしか使えない

個人的にはこんなところだと思うのですが

海外のFX会社自体は、日本のFX会社に登録したことがある人なら問題なくスムーズにできると思います。

私の場合も必要事項を書いて、パスポートと金融会社の明細書の写メを送って、1日待っていたらメールでIDとパスワードが送られてきました。

金銭面はそれぞれの価値観によるので置いとくとして

windowsでしか使えない=Macでは使えない!ということですね。

ドラストFXの購入者ページで.exe形式のものを開く必要が出てくるのですが、それがMacだと開けないのです。

ということで、勢い余って買ってしまったので、完全に「Mac非対応」という部分を見過ごしてしまいました。

 

 

MacでもドラストFXを使いたい!という方

購入後、私がとった行動はMacの中でWindowsを使う!ということでした。いわゆる仮想PCですね。

mac windows 仮想」などで検索すると色々出てくると思います。

興味はあったのですが、面倒くさいしwindowsのosを買うお金がかかるだろうと思ってやってなかったんです。

で、調べていたところ、 Parallels Desktop というソフトが14日間無料サービスをしていたので、それを使ってみることにしました。

DLして、起動して、無料のシリアルナンバーを打ち込んで、WindowsのOSを取り込んで、15分くらい待って、ようやく起動。

思ったよりも苦戦せずに取り込めました。

最初ずっと画面が真っ暗で焦ったんですが、再起動したらWindowの懐かしい画面が出てきてくれました!(5年前くらいまでWindowsユーザーでした)

Macの中でWindowsが動くって凄いなーと、改めて実感。

動作もmacbookpro(メモリ8GB)で問題なく動いてくれます。指2本でたちまちmac⇆windowsが切り替わる!

そんなこんなで無事、MacにWindowsを取り込み、そこにドラストFXを取り込むことに成功しました。

 

 

ドラストFXの細かい設定・その後

MGK FXという海外FX会社のMT4を起動し、ドラストFXの会員ページのマニュアルを見ながら細い設定をしていきます。5分足のドル円・ユーロドル・ユーロ円が推奨とのことでしたので、それらを表示させ、実際にデモアカウントで売買もしてみました。

表示が全て英語(日本語は文字化け)だったので、ちょっと自分なりに設定したり理解するのには苦戦しました。

ですが、とにかくデモで沢山取引して、感覚を掴んで、データ見返して、行けそうならリアルのほうでも使っていこうかなと思ってます。

ただ、繰り返しにはなりますが、インジゲーターがあるからといって頼りっきりで、自分で相場と向き合い理解することを怠るのだけは絶対に避けたいですね。結局遠回りなだけでしょうから。

自分からむしろ、そろそろ印が出るだろうな、というような予測を立てられるレベルになりたいですね。

 

良いソフトなのは間違いないみたいですから、気になった方はチェックだけしてみてはいかがでしょうか。

ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ