【2021年版】トルコ円のスワップポイント狙い比較・おすすめFX業者はこれ!

こちらでは、「トルコ円(トルコリラ)のスワップ(金利)狙い業者比較一覧・スワップポイントが多いおすすめFX会社」をまとめています。

2021年10月最新版で、2022年以降もこちらを追記や変更予定です。

 

【2021年】トルコ円(トルコリラ) 業者別 スワップポイント比較

海外FX業社含め、トルコ円の売買でスワップを受け取れる業者は「20社以上」存在します。
以下では、トルコ円を取引できてスワップを受け取れる業者を一覧にしています。

わかりやすくするため、10000通貨に統一しています。
リンク先は、各証券口座の「スワップカレンダー」です。
日によって微妙に変動するため、あくまで平均的な参考価格です。

トルコ円 業者別 スワップ一覧
GMOクリック証券 (買)42円 (売)-45円
ヒロセ通商 (LION FX) (買)45円 (売)-75円
アイネット証券 (買)45円 (売)-59円
楽天 FX (買)60円 (売)-150円
LINE FX (買)40円 (売)-47円
みんなの FX (買)42円 (売)-42円
インヴァスト証券 (買)50円 (売)-72円

 

トルコ円のスワップポイントが多く入るタイミングは?

GMOクリック証券の場合ですが、GMOクリック スワップポイントカレンダーを見るとわかるように、水曜日に普段の3倍近いスワップが入ります。

これは、水曜日に付与日数まとめて3日分(たまに4日分)のスワップポイントが入るためで、他の多くの業者も水曜日に入るようになっています。

 

2021年時点のトルコ円のスワップポイントの平均額

2021年10月の直近では、トルコ円1ポジション(1単位・10000通貨)あたり、1日につき平均して40~45円ほどのスワップが入るようになっているFX業社がほとんどです。(GMOクリック証券など)

また、これは年単位で大きく変動しているので要確認、2017年には1日につき100円前後で推移している業者もありましたが、基本的にスワップ額は縮小傾向にあると言える。

 

スワップ狙いにおいても、スプレッドは重要な要素

基本的にスワップ狙いは長期で保有することになると思いますが、それでもスプレッド(手数料)の要素は忘れてはいけない。

GMOクリック 為替レート・スワップポイントなどでも確認できますが、「1.7」のスプレッドが発生する。これは1ポジションを持つ瞬間に170円のマイナススタートするということ。

楽天FXはスワップポイントこそ魅力的ですが、スプレッドは「6.8」と地獄のように広いです・・・。(いずれも2021/10時点)

これらはドル円の「0.2」などと比べるとかなり広いため、短期トレードにはあまり向かないですね。

 

まとめ:トルコ円のスワップ狙いにおすすめのFX業者はどれ?

上記で挙げたように、楽天FXは、他と比べるとトルコ円のスワップポイントが1.5倍ほど高い
現状、トルコ円のスワップ購入目的には楽天FXが良さげです。

ただ、し売りにはかなりスワップを取られるため、トルコ円を差益狙いで売りから入る場合は、
楽天FX以外の場所にしておきましょう。スワップ狙いだけなら楽天FXで問題ないかと思います。

 

関連記事:【トルコ円戦略】トルコリラのスワップ狙いは地獄?2022年の予想・見通しまとめ
関連記事:トルコ円(トルコリラ)が過去最安値を更新!いつ仕込むのがオススメ?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。