【2020年1月14日の株結果】 倉元製作所(5216)がストップ高!5G理経(8226)も大幅上昇

2020年1月14日(火)の株取引の値動きや結果を簡単におさらいをしておきます。

ヒートマップや今日のハイライト・取引内容について日々記録しておくと、今後の参考になりそうなので、できる範囲でやっていきます。

 

倉元製作所(5216)が続伸し314円まで上昇!

+80円高(+34. 19%)となり、前日から引き続き暴騰しました。

ここまでくると、2015年のように14営業日かけて1200円くらいまであるのではないでしょうか。

そこまでなくとも現実的な利確ラインとしては600円手前くらいが狙えそうです。

少しだけ残して1000円を狙ってみるのもいいかもしれないですが、大きな陰線が出始めたら警戒。

その後はすぐに急落している株なので、利確タイミングはしっかり狙いすましたいですね。

上がりはじめは120円台でしたが、なんとか飛び乗れて、179円の建値ポジをキープしています。

こういうのはしっかり押し目で入ってみることが大事だと痛感します。

特に1月は低位株が上がりやすいこともあり、うまく利確できたら次の銘柄へ回転して狙っていきたいです。

一方同時に上がり始めた「第一商品(8746)」はあっさりと上がり始めた価格の近く、260円まで落としてきています。

 

今日のヒートマップと狙い目株

直近では、5G関連低位株の理経、アクセルマークやビートHDの深い押し目、あんしん保証などに注目しています。

特にテーマ株の低位株系は、何が噴いてもおかしくないので、初動を感知したら積極的に狙ってみたいところ。

今は日経も最高値付近で地合いが良いですが、こういう時にしっかり伸びてくれる株を今後も狙っていきたい。

暴落による全面安も、今から十分に警戒しておかなくてはいけないと思っています。

 

2020年1月14日(火)の株取引結果

今日は「前日比+4.14%」で取引終了しました。

ほぼスイングポジの持ち越しで、少しだけ銘柄を追加購入をしました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。